ニューロサイエンス看護学<アロマ>の窓

くも膜下出血を患った開頭術後の患者さんへのアロマセラピー

ご無沙汰しております、青山 泉です。
前期は皆さんも全速力で走っているような毎日ではなかったでしょうか?
好きな香りをマスクにつけて、深呼吸しながら、少しずつ自分を取り戻していくのをお勧めします。

今回はくも膜下出血を起こして、開頭術を行った患者さんにアロマセラピーを実施したので皆様に共有します。
写真のように頭のお傷がまだまだ痛々しく、残っています。

少しずつ回復していてもますが頭痛や、肩・腕などの張りやだるさに悩まされる毎日で苦痛な様子を話してくれました。
そんな中、楠の香りは日本人としてもなじみがある香りで、日本屈指のパワースポットである熱海にある来宮神社では、二千百年の樹齢にもなる天然記念物『大楠』があります。


生命力を有する木と信じられていて、この楠の精油が神社で購入することができるので、回復の願いを込めて痛みのある部位に手を触れてトリートメントをして喜んでいただきました。
その方の自宅周囲にもあることから心がほっとし、入院生活のことを忘れられると話していました。
議員さんとして活躍されている方でもある為、アロマトリートメント後は、まだまだ地域活性していきたいと回復のモチベーションが高くなっていたことがとても嬉しく感じました。
香りとタッチから想いが伝わり、大切にされていると思う瞬間こそ、痛みを忘れられる時間になると思います。

Long time no see, I am Izumi Aoyama.
Wasn’t everyone running at full speed in the first half of the year?
Aromatherapy was performed on a patient who had previously undergone craniotomy for subarachnoid hemorrhage.
As you can see in the photo, the scar on his  head is still painful and remains.
Although he is recovering little by little, he told me about the pain he suffered every day with headaches, tension and sluggishness in his shoulders and arms.
Meanwhile, the scent of camphor tree is familiar to Japanese people, and at Kinomiya Shrine in Atami, one of Japan’s leading power spots, there is a natural monument “Okusu” that is 2,000 years old.

Believed to be a tree with vitality, the essential oil of this camphor tree can be purchased at the shrine. rice field.
Patients said that they felt relieved and forgot about their hospital life because it was near their homes.
The scent and touch convey the patient’s feelings, and the moment when the patient feels that they are valued is the time to forget the pain.

PAGE TOP